簡単ダイエット情報サイト

トップの画像

最終更新日:2014/9/11

みなさんはダイエット食品と聞いて、どのような食品を思い浮かべますか?ちょっと今、私が思い浮かんだ食品・聞いたことがあるダイエット食品をピックアップしてみました!

「糖尿病食ダイエット」・「ファスティングダイエット」・「ハリウッドダイエット」・「発芽玄米ダイエット」・「発芽玄米ダイエット」
「豆乳ダイエット」・「ヨーグルトダイエット」・「チョコレートダイエット」・「ハチミツダイエット」・「黒酢ダイエット」・「粉ミルクダイエット」・「ビール酵母ダイエット」・「キチン・キトサンダイエット」・「グァバダイエット」・「カルニチンダイエット」など・・・。。。
検索したらほかにもいっぱいのダイエット食品がありました。
こんなにたくさんのダイエット食品がある中で個人的に好きな「チョコレートダイエット」を紹介しようと思います!「チョコレートダイエット」の体験談をもとめてみました。

チョコレート
まず、チョコレートダイエットの方法には条件があるみたいです。
  @男性よりも女性。A40代以上である。B間食が好き。C便秘気味である。の4つです!

@男性よりも女性。
これは、元々甘い物は男性は苦手な人が多くて、女性に大好きな人が多い!と言う事から、男性の場合はチョコを食べるのがだんだんと面倒になってきて、途中で断念する人が多いようです。男性・女性にかかわらず、甘い物が・・・。特にチョコレートが大好きな方にお勧めです!

A40代以上である。
年齢が高くなるにつれて肥満の人が多くなるのは、体力の衰えで体の基礎代謝量が減ってくる事が関係しているみたいなんですよ。カカオにはこの基礎代謝を高めてあげる効果もあるみたいなので、若い人よりは40代以上の人の方が効果が出やすいみたいですね!40代でチョコレート好きの方は必見です!

B間食が好き。
間食が好きな人達はご飯とご飯の合間に、お菓子やケーキなどの甘くてカロリーの高い物をたくさん食べていますよね?
それを間食にチョコレートを食べる事に変える事で、チョコに含まれるレプチンやアディポネクチンの食欲抑制効果が働いて、間食が少なくなりダイエット出来る!と言う事みたいです!

C便秘気味である。
これは、チョコには意外と食物繊維が多く含まれており、チョコを食べる事によって便通がよくなるみたいですよ!


チョコレートダイエットの具体的なやり方!


チョコレートダイエットのポイントは下記の3点になります。
@三食きちんとバランスのとれた食事をする
Aカカオの含有量が70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコで半分くらいかな?)
B食欲のある人は食前に食べる!食事の量を減らしたいときは食べ終わったあとに食べる!

私のような甘いもの好きには、とても魅力的なチョコレートダイエットです!
その秘密はチョコレートの原料であるカカオ豆の健康効果にあると言われています。
ただし、やはりチョコレートは栄養が豊富で効果がたくさんあっても高カロリーですから、ポイントをきちんと押さえて、食べ過ぎないように注意しましょう。

チョコレートの主成分って?
チョコレートの主成分と言えば「カカオ」ですよね。カカオは西アフリカ、東南アジア、中南米などの熱帯地方生育している植物。チョコレートに使われるカカオ豆はカカオの果実の中にある種子で、味は種類や産地、気候などによって異なるため、チョコレートメーカーはそれをブレンドながら、いろいろな味や種類のチョコレートを作っています。ちなみにココアも、このカカオからできています。ココアはカラダに良いとテレビや雑誌で紹介されたときは、店頭からココアがなくなったこともありましたよね。そんな、チョコレートやココアの主成分であるカカオには、一体どんな効果があるのでしょうか?
 
★カカオの成分「カカオポリフェノール」はスゴイんです!
カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。
中でも最近注目されているのは、抗酸化作用のあるカカオポリフェノール。抗酸化作用とは、老化の原因などになる活性酸素を除去する働きのこと。ポリフェノールとは、植物の葉や花、茎などで光合成によってできた苦味・渋味成分のことで、主要なものだけでも300種類以上あると言われています。そのうちの一種がチョコレートの主成分であるカカオに含まれているカカオポリフェノールなのです。ポリフェノールと言えば、赤ワインが注目されていましたが、チョコレートにはそれをはるかにしのぐ量のポリフェノールが含まれています。では、カカオポリフェノールには、一体どのような効果があるのでしょうか?
 

★カカオの成分「カカオポリフェノール」はスゴイんです!
カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。
中でも最近注目されているのは、抗酸化作用のあるカカオポリフェノール。抗酸化作用とは、老化の原因などになる活性酸素を除去する働きのこと。ポリフェノールとは、植物の葉や花、茎などで光合成によってできた苦味・渋味成分のことで、主要なものだけでも300種類以上あると言われています。そのうちの一種がチョコレートの主成分であるカカオに含まれているカカオポリフェノールなのです。ポリフェノールと言えば、赤ワインが注目されていましたが、チョコレートにはそれをはるかにしのぐ量のポリフェノールが含まれています。では、カカオポリフェノールには、一体どのような効果があるのでしょうか?

☆動脈硬化の予防
・カカオポリフェノールには、動脈硬化を引き起こす原因である血中の悪玉コレステロールを除去したり、活性酸素による動脈硬化の進行を防ぐ作用があります。また、動脈硬化は生活習慣病に直結する病気でもあるので、広い意味で生活習慣病の予防にも役立ちます。

☆ガンの予防
・カカオポリフェノールの抗酸化作用が、細胞がガンになるのを防いだり、ガン細胞の増加を防いだり、免疫力を強化します。

☆ストレス対策
・身体的ストレスにうまく適応したり、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強めることができます。

☆アレルギー対策
・カカオポリフェノールには、アレルギー症状を引き起こす活性酸素の過剰な発生を抑えたり、抗体や炎症を起こす物質を作らないような作用があります。花粉症対策にも最適です。

もっと詳しく知りたい方はチョコレートダイオエットで検索してみてください!

Valuable information

五反田 脱毛サロン

最終更新日:2017/11/15