簡単ダイエット情報サイト

トップの画像

2014/9/11 更新

心得

@自分自身を知る。 Aダイエットを楽しむ。 B無理をしない。 C長い目でみる。 D持続させる。
この上の5つの項目がダイエットを成功させる心得です。
誰もがわかっていることだと思いますが、ダイエットがなかなかうまくいかない方の中には、この基本が分かっていても出来ていないことが多いと思われます。

@自分自身を知る。
まずは自分の体質、自分の生活を知ることで!
一時的なダイエットの成功ではなく、本来のダイエット成功にするためには、これは一番大事です。
太ってしまうのは体質よる部分も多少あると思われます。テレビ等で見たことがあるかもしれませんが、大食いチャンピオンの方たち。特に多く食べる方たちは、太っていないのです。彼らは極端ですが、あれが体質のひとつの例だといえます。彼らとは違い、同じものを食べても体に多く吸収してししまう体質もあるのも事実です。また、吸収したあとしっかり排出されているのか、便秘改善が必要なのか?というところも重要になってきます。
しかし、体質は変えることも可能です。
太る原因は(カロリー摂取-カロリー消費)です。これは絶対に変わりません。個人差はあっても食べ過ぎれば太ります。
まず自分のこの一週間の全ての食事を思い出して、書き出してみてください。すべて思い出せなかったらこれから一週間記録してみてください。サラダにかけたドレッシングなどまで、できるだけ細かくです。そしてカロリーを計算してみてください。意外なところで多くカロリーをとっていることに気づくかもしれません。

身長、体重、年齢、生活強度によって多少変わってきますが目安として、20代〜30代のデスクワークの仕事の場合。
女性の一日の必要カロリーはの平均は
1600〜1700カロリー 基礎代謝量は1190〜1209カロリー
男性の一日の摂取カロリーの平均は
2300〜2500カロリー 基礎代謝量1516〜1540カロリー
ほどといわれます。基礎代謝量とは人が寝ている状態でも、体温保持などで消費されるカロリーです。つまり一日中ごろごろしていたらこれぐらいしか消費されないということです。

これで自分が太る原因が分かったかたも多いと思いますが、納得がいかなかった方もいると思います。
それは基礎代謝量かもしくは、活動代謝が少ない可能性があります。基礎代謝量、活動代謝量を上げる努力が必要かも知れません。基礎代謝量は上の目安で計算すると1日のカロリー消費量の70%前後です。これが少ないと、より活動代謝量を増やさなければなりません。つまり、運動しなければならないということです。基礎代謝量は筋肉量を増加することで増やすことができます。
そして、活動代謝量とは1日のなかで、歩いたり、動いたりした分の消費量です。一般的には1日の全体の消費量の30%前後です。
  あなたは普段の生活でも動くことをめんどくさがってはいませんか?太る原因の多くに活動代謝量が少ないこともあります。動きたがらない人が多いという事です。筋肉量が少ないから動くと疲れる、疲れるから動かないのでは悪循環です。自分の生活を見つめなおすことも大事です。

Aダイエットを楽しむ。
楽しむというのはただ楽してダイエットするということとは違います。
ダイエットは食べたいものを我慢したり、普段以上に体を動かしたりと、今までやっていなかった事するので、人によっては辛く思う人もいるでしょう。しかし、正しいダイエットをすれば必ず健康的にやせられます。大きいサイズのレディースファッションと話題になってきていますが、目標を必ずもって、サイズがあることに甘えずあのモデルが着てるサイズの小さい服を着られる!ということを思ったり…辛い辛いと思わずに先の楽しいことを考えて、楽しみながらダイエットしてみてはいかがですか?
これは持続するためにも大事なことです。
ダイエットは自分に自信をもつチャンスでもあります。正しいダイエットを、あきらめずに頑張りましょう!
 
B無理をしない。
急激に無理な運動や極端な食事制限をすると健康を害します。今はなんともなくても、近い将来、拒食症、や骨粗鬆症の危険もあります。特に女性は注意が必要です。そして目標体重になったあとでも、ストレスで食べすぎて、リバウンドって言う事に・・・。ダイエットをしてるのに以前より体重が増えていまうかもしれません。絶対に無理は禁物です。

C長い目でみる。
ダイエットをはじめて食事制限や運動をすると急にやせることがあります。これは体にたまっていた水分などがでただけで、事実上やせたということにはなりません。サウナに入って体重が減るのと同じです。脂肪燃焼もウォーキングをはじめて20分ではじめて脂肪が燃えはじめるといわれます。あなたの体重も数日で増えたわけではないと思います。ダイエットして体重を落とすのは体重が増えた時間よりはるかに多くの時間がかかるのです。ダイエットは少なくとも1ヶ月単位の時間をかける計画を立てる事をお勧めします!

D持続させる。
持続することは太りにくい体質に変えて行く上で絶対必要になります。あきらめて、またはじめての繰り返しはリバウンドしやすくなり、太りやすい体作ってしまいかねません。
目標体重に到達し太りにくい体になるまで頑張って続けましょう!

check

スマホケースの手帳型が全機種対応しています

2018/6/14 更新